ドラゴンクエストの小部屋・ドラクエ My Love〜♪

ドラクエについて何かを語っているらしい(笑)ページ。


-*-*-*-*-*- 私とドラゴンクエスト1 -*-*-*-*-*-

++ First Encounter 〜初めての出会い〜

私のドラクエとの出会い・・・というか、「ドラゴンクエスト」というものを最初に知ったのを
1番深くまでたどれば、実は意外にも1番最初の作品であるドラクエ1です。しかも発売前に・・・。
でも、その印象は今の私では考えられないドラクエファンの風上にもおけない最悪の印象でした。
その当時はかの「スーパーマリオブラザーズ」が大ヒットを飛ばしている時代。
ファミリーコンピューター・・・・「ファミコン」が乗りに乗っている時代で、ゲーム関係も活気づいて
いてよくゲーム関係の特別番組もやっていました。その頃は既に今ほどではないですが、やはり
ゲームに興味を持っていた私は(笑)よくそういう特番を見ていたのですが、その特番でドラクエ
が「新作ソフト」として紹介されたのです。
その頃はアクションゲームとかシューティングゲームが主流でRPGなんかなかった時代。
当然私もそういうジャンルのゲームしかやっていなくて、その中で文字がたくさん出てくる今まで
見たことのないような斬新なゲーム画面を見せられて・・・・
・・・・正直言って「こんな文字ばかりのゲームって面白いの? 何かつまらなさそう。どうせこんな
ゲーム売れないな。」って本気で思いました。本当に。ごめんなさいです〜(^^;
それが私のドラゴンクエストに対する第一印象でした。

++ Second Encounter 〜惜しい出会い〜

最初の出会いから1〜2年くらいたって私が小学校6年の時、朝はいつも分団登校というもので
近所の子達とグループを作って学校に登校をしていたのですが、その分団の中の私と同級生の
子が突然に「ドラゴンクエストっていう面白いゲームがあるから貸してあげる。」と言ってきました。
その当時、1〜2年前にドラクエは面白くないと思っていたことなどを忘れていたのか覚えていた
のかは、今となってはよくわからないのですが、それでも「じゃあ、今度貸してね〜。」と気軽に
返事をして貸してもらうのを楽しみに待っていたのですが、けっきょく学校を卒業してしまいその子
とは会わなくなってしまったので、ドラクエは貸してもらえずじまいになってしまいました。
今思えば、本当に惜しいことをしました。あのとき借りていれば、ドラクエは1作目からやって
いたことになるのに。悔しいなあ。
まあ、その1年もしないうちに衝撃的な出会いをする事になるんですけれどねぇ・・・。
ドラクエ3と・・・。

++ Third Encounter 〜3度目の正直〜

周りに回って、ようやく3回目にしてドラクエ1をプレイする機会が出来ました。
その頃にはすっかり私はドラクエにハマってしまってドラクエファンをしていて、自他共に認める
ゲーマーになっていました(笑)。
友達の家で共同でやっていたドラクエ3をクリアーしたので、次は共同でドラクエ1をやりましょう
ということになったのですが、けっきょくあれは私1人でやっていましたね、ドラクエ3と違って。
機能の便利になったドラクエ3に慣れていたので、いまさら古い方をやるとかえって大変かな
とも思ったりもしましたが、復活の呪文も気になるほどではなかったし、扉コマンドとか階段コマ
ンドとかも面倒くさそうだなと思っていたら意外と便利だったので、操作にはほとんど支障を
きたしませんでした。
それからこの1は「ラダトームの町」に感動しました。基本的な町の人物とか建物が3の時と一緒
で懐かしくて。きっと1をやってから3をやった人ってのは同じような感動があったんだろうと
思います。ゲームで歴史を感じられるとは不思議です。



++ 戻る ++