ドラクエプレイ記・ドラゴンクエスト3(SFC版)編

新しい日付ほど上になっています。
思いっきりネタバレしているのでご注意を。

<プレイ初め>2001年01月01日
<クリアー>2001年04月21日
その後1ヶ月ほどプレイ

私のドラクエ3パーティー紹介はこちら

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

2001年05月22日
◇神竜 の巻
 
 ちょっと間が空いてしまいましたが、いよいよ神竜と対決です!!
 さすがにクリアをしてからのボスだけあって強さも半端ではありませんね。リトは完全に
 攻撃のみ。エリは攻撃重視の攻撃&援護。ユマは回復重視の攻撃&回復。ランは援護のみ
 という役割で立ち向かいました。本来なら戦士のユマが攻撃をして、賢者技能をもつ武道家
 のエリが回復に回るのが普通なのですけれど、エリの方が攻撃力が強いのでユマに回復に
 回ってもらいました。回復係は常に回復をしてもらわなくてはならないですから・・・
 呪文を使って色々出来るエリやランは手を空かせておきたかったですし。何度も全滅の危機
 に陥りそうになりながらも、なんとか神竜を撃破。
 ・・・したのですが、神竜いわく、38ターンもかかっていてはかかりすぎだということで、
 願いをかなえてくれませんでした。何ターンかかろうがこちらの勝ちは勝ち。倒したのには
 間違いないのに。往生際が悪いぞ・・・神竜。
 その後すぐに神竜と再戦。1回目は体力を保つことを重点としていましたが、今回はちょっと
 危険でも攻撃の方を重視して戦い32ターンで撃破。
 今度は神竜も認めてくれて3つの願いのうち1つを叶えてくれることとなりました。
 私はその3つのうち「新しいすごろくをしたい」を選んで、第5のすごろく場が出現・・・
 第5のすごろく場って神竜に勝つと出てくるのものだったのですねぇ・・・。前回探しまくった
 私ははっきり言わなくてもまぬけですね(笑)。
 あとはその新しいすごろく場で楽しんで、おわり。

 これで一応キリがついたのでSFC版ドラクエ3はとりあえずおしまいです。
 まあ、たまにはやることもあるかもしれないけれど・・・。


2001年05月09日
◇見つからない の巻
 
 ちいさなメダルは全部で110枚あるそうで、自分としては盗賊技能を使いまくりもれなく
 ゲットしたつもりだったのですが、どうもまだまだ足りないみたいなので、探してみることに
 しました。いろいろ探りを入れてみると思わぬところであったりとか、見逃していたり・・・。
 くまなくやったつもりでも意外と見逃していたりするんだなあと思いました。
 その後今度こそは揃っただろうと思って確かめてみると、まだ3枚足りない。
 何でまだ3枚も残っているんだよぅ。いったいどこにあるんだっ!! そのあと、探しまくり
 ましたがけっきょく判らずじまい・・・ううっ(T−T)
 それから「第5のすごろく場」があると聞いたのでそれも探しまくったのですがそれも判り
 ませんでした。

 いったい何処にあるのでしょう?


2001年05月02日
◇クリア後のお楽しみ の巻
 
 私のリトちゃんもようやく「勇者ロト」になったので、いよいよ隠しダンジョンの体験です!!
 このダンジョン、内部はどこぞやで見たような感じで・・・
 ネクロゴンドの洞くつ、おろちの洞くつ、ピラミッド・・・いったい何なんでしょう?まったく。
 という感じ。敵はアレフガルドと比べると強かったりするのですが、まあ私のパーティーは
 レベルがそれなりにあったりするのでたいして問題なく進みました。そのうちにゼニスの城
 とやらに到着。ここの場所はルーラで記憶をされるので、いったんセーブのために戻って
 ゼニスの城から再スタート・・・する前に、この城にいる吟遊詩人の問題を簡単に解いて
 賢者の石をゲット。その後今度こそゼニスの城からさらに深い場所へと行き塔へ着いた
 のですが・・・
 何なんですか、この敵の強さは。
 今までとは比べものにならないほど、強いのです。敵のレベルが全然違うのですよ。
 しかも敵の色が趣味悪すぎるし・・・(笑)。特に最悪なのがバラモスエビル×2。中ボス級
 な奴が2匹同時に出てくるのですよ。雑魚敵として。これはあまりにも非道すぎるではないか
 (^^;
 雑魚敵とはとても言えない雑魚敵に苦戦しつつも、破壊の鉄球とか、幸せの靴なんか
 を取ったりして、とりあえず神竜のいる手前までたどり着きすぐにリターン。いちおう今回
 は「宝箱あさり」が目的だったので、神竜との対決は次回のお預け。


2001年04月21日
◇勇者の挑戦〜そして伝説へ・・・ の巻
 
 いよいよ最終決戦!! ゾーマ様との対決です!!
 まずはオルテガさんのイベント。いつ見ても辛いですね・・・何が辛いと言えば、せっかくの
 親子の対面なのにオルテガさん自身はその事がわからないと言うこと。・・・まだ記憶だけでも
 元に戻ったから良かったですけれど・・・。ああ、悔しいな・・・。でもこれが偉大な父に追い
 つき、そして追い越す場面でもあるわけですよね。父を追い旅立った子がやがて父に追い
 つき、その父の死を越えて父以上の偉大な存在となる。う〜ん。壮大だ。
 そんな悲しみも吹き飛ばすかのように、すぐに中ボス3体との対決。
 ここでバラモスブロスと対決するのですが・・・。バラモスを倒した時にバラモスが、わしは
 諦めないとかなんとか言ってやられたので、ここでなにかセリフを言ってくれるのではないかと
 すっごく期待していたのですが、何も音沙汰なし。何だか肩すかしを食った感じでした。その
 バラモスブロスに全滅しかけになりつつも何とか撃破。そしていよいよゾーマ様との対決
 です!! 戦闘前にやっぱり例のセリフがありましたね。
 「さあ 我が腕の中で息絶えるがよい!」
 いやああああああっ!!!!! 恥ずかしい恥ずかしいわっそのセリフ。
 何時聞いても(*>v<*)。ゾーマ様ったら(笑)。←自分の方が恥ずかしい。
 そのセリフにノックアウトされつつも(笑)、ゾーマ様との戦闘は意外とあっさりすみました。
 あまりバイキルトの力に頼らなかったですし・・・・。光の玉を使ったときに喋ってくれたのが、
 個人的には良かったかな。その後、のちのロトの洞くつを通ってアレフガルドに陽の明かりが
 戻り、いろいろと町を巡ってからラダトーム城へ。そしていよいよエンディング・・・。
 ロトのテーマが流れて画面が色々変わって、テロップが流れて・・・。
 「そして伝説が始まった」の文字・・・。その文字を見たときに急に涙が出そうになりました。
 何だか胸がいっぱいになってしまって・・・。
 その後そして伝説へ・・・がかかったエンディングへ。ここはFC版の時と同じなので良かった
 です。変な着色がされていなくて。ロト伝説三部作を締めくくるのに相応しい、私はこのシンプル
 で映画の終わりのような、エンディングが大好きなもので・・・。
 もう何度目なんでしょうね。このエンディングを見るのは・・・。はぁ・・・。

 これでいちおう「勇者ロトの物語」、ゲームの物語としては終わりましたけれど、ゲームの内容
 としては「クリアー後のお楽しみ」が残っているので、もうちょっとドラクエ3は続きます。
 う〜ん、早く私の知らないドラクエ3をやりたいわ。


2001年04月20日
◇レベル上げが楽しい の巻
 
 昨日に引き続き、エリと新キャラ・リルのレベル上げをしています。ユマとランはメンバー
 から外し、リトにはレベルを均衡を保つために眠ってもらって(笑)、実質2人パーティーで
 頑張っています。2人ともレベルは低くても武器・防具は最高級のものなので強く、リムル
 ダールで戦っていても全然平気ですし、敵が強くて経験値が高いのでレベルも瞬く間に上が
 る。今日と昨日だけでエリが36レベル、リルが70レベル(盗賊20+遊び人20+賢者30)で、
 レベルが上がったときのあの音をたったの2日で100回以上も聞いてしまいましたよ。今思うと
 本当にビックリ。ここまで来ると、何だかレベル上げをするのが快感になってしまいますぅ〜。
 (*^o^*)

 でもまさか、こんなにエリとリルのレベルが早く上がるとは思ってもみなかったです。


2001年04月19日
◇今さら転職・新メンバー の巻
 
 もういつでもゾーマを倒せるようなレベルだったのですけれど、また転職をさせました。
 もともとエリの最終職業は武闘家が希望だったもので。賢者の姿は可愛いしけっこう役に
 立っていたので、このままでいいかな・・・とも考えたのですが、やっぱりあこがれ(笑)を
 貫こうと思い転職をさせました。
 それと同時に新しいキャラも作ることにしました。せっかくエリを1から鍛え直すのだから
 ついでに他のキャラも育てたいと思いましたし、やっぱり賢者の女の子のあの可愛い姿が
 捨てがたかったので(笑)。これでまた、クリアーするのが遅くなってしまいましたけれど、
 まあ3は初めから腰を据えてゆっくりじっくりやるつもりだったのでいいでしょう。
 気長に行きまっせ!


2001年04月18日
◇すごろく場 の巻
 
 何となく今までおざなりになっていたすごろく場を、何故だか急にやってみたくなったので
 やってみることにしました。これが以外に面白いし、熱くなる。ちょっとやるつもりだったのが、
 いつの間にかのめり込んでしまいました。しかもこのすごろく場、けっこういいアイテムが手に
 入るんですよね。グリンガムの鞭とか光のドレスとか・・・あこがれの雷神の剣も手に入れる
 ことができましたよ。こんなに面白くて素敵なアイテムが手に入るんだったら、もっと早くから
 やれば良かったとちょっと後悔をしました。そうすればもっと戦闘が楽になっていたのにね・・・。
 まあ、クリアーする前に気付いたからよかったです。ちょうど装備も整えたいと思っていたところ
 だからタイミングが良かったですし。


2001年03月21日
◇何だか違うぞ??? の巻
 
 アレフガルドにある唯一の塔、ルビスの塔へ行きました。
 その名の通り、ルビス様が封印されているところですな。そのまんまな名前という(笑)な
 感じです。妹がここの塔は敵が強いと言っていましたが、実際に入ってみるとそれほどでも
 ないですね。ちょっと厄介な部分はありますけれど・・・。ここの塔ははぐれメタルくんが
 よく出てきて、私もよくあったりしたのですが・・・倒せないようぅ(T−T)。一度に8匹
 くらい出てくることもあるのですがそれでも1匹も倒せないこともしばしば。何やっている
 んでしょうね、私のパーティーって。
 そんなこんなであっという間に最上階。
 妖精の笛をならしてルビス様の封印を解いたのですが・・・。
 なんでピンクの髪の毛なの? ねぇ? ルビス様は緑系の髪でしょ? 髪型も何だか
 変だし・・・。話し方もな何となくイメージ的に違うような・・・。これじゃあ、「精霊のほこら」
 の妖精と同じじゃん・・・。

 まあ、話し方うんぬんは譲るとしても、髪の毛の色だけはいただけませんね。
 だってだって緑系の色だったはずだよ。なにかにそう記述してあったはずです。
 いったい何の本だったのかは忘れてしまいましたけれど・・・。
 納得いかないなあ・・・。


2001年03月10日 
◇アレフガルドにて の巻
 
 アレフガルドにやってきました。
 音楽はてっきり1・2のアレンジと同じものだと思っていたのに、オーケストラ版の再現
 なのにはびっくりしました。・・・だから曲が途中で尻切れるみたいな感じなっていて、
 ちょっと嫌です・・・。3のオーケストラのアレフガルドはメドレーの一部なのだからその
 あたりを考えて欲しかったです。大好きな曲だから・・・。

 まあ、それはさておき。
 町や城が「1」の音楽になっているというのは、すでに1・2の2で体験済みなのでそれほど
 思わなかったのですが、洞くつまでもが1の音楽になっていたのにはちょっぴり感動して
 しまいました。ああ・・・懐かしいな・・という感じで。
 FC版の時はロト伝説は3・1・2とやってこういう体験は出来なかったので、うれしいです。
 今回1・2・3と連続してプレイしたかいがあったものです。

 ラダトーム、マイラ、沼地の洞くつ、リムルダール、ドムドーラと巡ってみました。
 懐かしい名前ばかりですね・・・。地形的にもあまり変わっていませんが、昔のアレフガルド
 は徒歩ではラダトームからマイラには行けないのには驚きました。あとは刃の鎧が買えると
 いうのがいただけなかったですね。FC版だと刃の鎧というのは、戦士の最終装備品になる
 ようなものなのに・・・何でこんなに格が落ちてしまったの(T−T)。
 それからドムドーラ!! もちろん伝説の「ゆきのふ」の名前も健在でした(笑)。
 この町で「もう井戸の水がないからこの町も長くはないだろうな、それ以前にモンスターに
 襲われたら同じだけど。」みたいな事を言っている人がいたのですが、それってマジで
 シャレにならない・・・(苦笑)。
 この町の行く末を知っている分だけに悲しいセリフでした。


2001年03月09日
◇決戦 バラモス城!! そして真の始まり・・・。 の巻
 
 いよいよ最終決戦!!(大嘘)。
 賢者’sのレベルが低いのが気にかかりますが、エリの方がベホマを覚えたので、バラモス
 にアタックしてみることにしました。
 しかし本当に盗賊技能って使えますね。ボスの所までトラマナを3回使っただけで後は
 フルパワー。まさかバラモス城の敵を封じ込められるとはねぇ・・・。難なくバラモスの
 所まで辿り着きました。
 そしていよいよ対決!!
 うおおおおおっ!! 音楽が違っているよ、違っている!!
 これだったら最後のボスっぽいよ!(笑)。
 まずは賢者’sにバイキルトを使わせた後、すぐさまマホトーン!! あいかわらず、
 ボスのくせにマホトーンが効きますね(^^; これでバシルーラの心配がなくなったので、
 一安心。後はやまたの大蛇戦の教訓から、回復をする時以外は賢者’sは防御をさせ、
 勇者と戦士のみで戦わせました。この方法が良かったのかあっさりバラモスは撃破っ!! 
 妹がバラモスはかなり強いと言っていたのに思った以上に楽だったので、ちょっと面を
 喰らった感じでした。そしてアリアハンへ・・・。
 いよいよエンディングかなと思わせておいて、いきなりゾーマ様登場!!
 おおっ!!でかいぞっ!! 演出が派手だぞゾーマ様!!(笑)
 「我が名はゾーマ すべてを滅ぼす者」・・・だそうです。何か格好いいぞ(笑)。

 いよいよ懐かしの地アレフガルドへ出発です。伝説の始まりへ・・・。


2001年03月07日
◇ラーミア の巻
 
 6つのオーブを集め、いよいよラーミア復活の時!!
 祭壇にオーブを置くときになにげに色の並べ方に気を使いながら置きました(笑)
 オーブを置き終わるとラーミアの卵がすごく震えていたのが恐かったです。
 ・・・そしてラーミア復活・・・。
 ラーミアすごくでかいですね(笑)。そして音楽がきれい・・・。
 FC版の時もアレフガルドに並ぶきれいな曲でしたけれど、SFC版はオーケストラ版
 を再現していて本当に素敵。聞き惚れてしまって思わず涙が出そうになってしまいました。

 ラーミアで1番気に入ったのは飛び上がっていくところ。
 あの本当に飛び上がっていくようなふわふわとした感覚がたまらなくいいです。低空飛行
 させるために下がっていくときも、やはりふわふわしていて気持ちがいいです。あまりにも
 好きなので何回も上がったり下がったりさせてしまいました。(笑)
 ちょっとスピードが遅いのが気にかかるところですが、やっぱりラーミアは「夢」のある
 乗り物なので大好きです。


2001年03月06日
◇ザキに嫌われる の巻
 
 エリ(賢者)がいつまでたっても、ザキを覚えてくれません。
 どちらかというと私のパーティーは全員呪文の習得が遅いので、初めのうちはあまり気に
 しなかったのですが、2〜3レベルが上がっても一向に覚えないのでちょっと心配になって
 きました。ザキの後で覚えるザオラルやバギマなんかはすんなり平均習得レベルで覚えて
 くれたというのにどうしたことでしょう? 忘れてしまったのか?(笑)。
 しまいには、レベルの低いラン(賢者)の方が先にザキを覚えてしまう始末・・・。
 このままではザラキの方が先に覚えてしまうのではないかと思った矢先、レベル27でようやく
 習得しました(^^;。(平均はレベル22)こんなに遅く呪文を覚えることもあるのですね(汗)。
 まあ、あまり使わないような呪文なので良かったです。
 ベホマやザオラルだったらすごく嫌だった・・・。


2001年02月23日
◇地球のへそ の巻
 
 地球のへそへやってきました。
 当初早くレベルを上げるために賢者のエリで行こうと思ったのですが、宝物をもれなく
 ゲットするために、盗賊技能を持っている賢者のランにいってもらうことにしました。
 いくら出てくるモンスターのレベルが低いとはいえ、多勢に無勢なものですから、ちょっと
 レベルが低いランには辛かったりしたのですが、それでも何とか進んでいたのですが・・・・。
 宝箱を開けたらミミックが出てしまいまして・・・。(インパス唱えようと思ったらまだ
 覚えたいなかった(笑))ザキの恐怖におののきながら(笑)戦ったのですが、やはり
 レベルが低いためかなり手こずり何とか勝てたものの、そこで力を殆ど使い果たして
 しまいました。1度回復に戻り再挑戦。1回目の時とはうって変わって楽々に先へ進み、
 あっというまにオーブをゲット。地球のへそってこんなに階が少なかったかなあ・・・
 と思いつつ帰りがけに大地の鎧ももれなく手に入れて、難なくクリアー。
 地球のへそってこんなに簡単だったのだろうか・・・。


2001年02月19日
◇めっちゃ可愛い〜 の巻
 
 サマンオサの一連のイベントをこなす前に、そろそろバークを開拓しどきだと思い、
 新たに商人の仲間を作りパーティーにいれてバーク予定地へと向かいました。当然開拓
 をするために商人とは別れてしまい、その別れた後に再びバークに行くとその商人と話が
 出来たりするのですが・・・・。
 何だか可愛いぞしゃべり方が。
 私の商人は女の子だったりするのですが、勇者とのしゃべり方が、まるでお友達みたいな
 気軽で私たちがしゃべるような感じで話して来るんですよ。本当に可愛くて良いなあ
 もともと商人(女)は好きだけれど、さらに好きになっちゃいました。


2001年02月09日
◇大蛇再び!!
 
 ようやくパーティーの強さが転職前よりも強くなってきたので、やまたのおろち退治に再び
 挑戦してみることにしました。
 相変わらず大蛇のブレス攻撃は強いですけれど、回復のタイミングと適度に防御をすること
 を覚えたので、かなり太刀打ちできるようになりました。しかし、いくらダメージをあたえても
 あたえても倒れてくれない。いったいHPがいくつあるんだぁっ!!って言いたくなるくらいに
 ダメージをあたえてようやく倒しました。あまりにも倒れてくれないので、真剣に大蛇を倒す
 にはなにか特別なアイテムがいるんじゃないか、専用アイテムじゃないと倒せない
 のではないかと思ったしまったくらいです。(^^;
 そしてすぐに2回目のやまたのおろち戦。
 最初1回目と2回目の間に回復が出来なかったらどうしようかと思いましたけれど、回復が
 出来たのでホッとしました。1回目で既にHPもMPも底がついてしまうのですもの。ここで
 出来なかったらはっきり言って鬼ですね(笑)。
 2回目は1回目ほど苦労はせずに倒せました。まあ、1回失敗して1回目のやまたのおろち
 戦からやり直しになってしまったという事実は秘密ですけれどね(笑)。
 ようやく憎きやまたのおろちが倒せて先へ進めます。


2001年02月07日
◇転職 の巻
 
 ようやく僧侶のレベルが20になったので、僧侶と盗賊を転職させることにしました。
 盗賊を商人に転職させようとしたら、ダーマの神官?にちょっと大変そうな気がするって
 言われてしまったんですけれど・・・。同様に僧侶→賢者もの時も同じ事言われました(笑)。
 一体うちのパーティーって何者なんでしょ? 僧侶→賢者の場合は職業的に似ているので
 武器・防具の心配は一切しなかったのですが、盗賊→商人では変わってしまうのだろうなと
 思っていたら、これが意外にも今までとほとんど変わらないのでビックリしました。チェーン
 クロスややいばのブーメランを装備できるとは思ってもみなかったなあ・・・。いきなりレベル
 1な奴が2人もいて大変かなとも思ったのですが、おかげさまで私のパーティーのHPは
 戦士を除く全員が高めなので、全然問題になりませんでした。


2001年02月05日
◇歯が立たない の巻
 
 ポルトガで船を貰って、テドン、ランシールと経由してジパングへ。
 ちょっとレベルが足りないと思いつつも、大蛇(おろち)の洞窟へ行きました。洞窟に入って
 戦ってみても全然問題なしというか、むしろ弱かったので、楽勝、楽勝。そのままこの洞窟の
 ボス、「やまたのおろち」と対戦をしたのですが・・・・何なんですかっ! あの強さはっ!
 ほとんど歯が立ちません!! ブレス攻撃が強すぎです。こっちは1度に全員を回復する
 魔法を持っていないというのに、毎ターン30〜40くらいのダメージを全員が食らって
 いたら身が持ちませんって。回復させる事が出来るは1人だというのに。
 4〜5回再挑戦をしましたが、どんなに頑張っても無理そうな感じなのでパーティー全員の
 レベルを3くらい上げてから再び挑戦。・・・でもやっぱり歯が立たない・・・。
 もう仕方がないので、とりあえずこの洞窟は諦めました。別に後に回したって問題がないし。
 でもやまたのおろちってこんなに強かったかなぁ、FCの時って。


2001年01月23日
◇カンダタ強い・・・ の巻
 2回目のカンダタ戦。
 今回は子分が個別に別れていないので楽かなと思ったのですが、全然楽ではありません。
 なんであんなにカンダタ強いのよぅ・・・(T−T)。
 あんなに強かったけっ? マジで。全然印象に残っていないんだけど。もう何とかして
 くれって感じです。・・・まあ倒しましたけどね、ギリギリで。
 魔法が使えないとこんなにハンデがあるものなのかな???


2001年01月22日
◇便利便利な盗賊君 の巻
 盗賊ってすっごく便利ですね。
 複数攻撃できる鞭系の武器がメイン武器ですし、早いし、何といっても「とうぞくのはな」!!
 ぬかりなく宝箱や隠しアイテムを見つけるためには必要不可欠な技能ですね。
 この技能のおかげで見逃していたアイテムなんかも見つけることが出来てうれしいです。
 特に小さなメダルなんか。この技能がなかったら絶対に調べる事はないだろうなって思う
 ような所にあったりするのですもの。これでレミラーマを覚えれば完璧ざます。
 早く覚えておくれ。

 私の盗賊は比較的能力もいい感じに上がっているのですよね。
 戦士と1・2ポイントくらいしか最大HP変わらないし、最大MPも僧侶に負けないくらいに
 ある。すばやさもめちゃくちゃ高いし・・・。しいて言うなら力がちょっと上がりにくいだけ
 でしょうか。まあ他の能力と比べての話ですけれど。力もそれなりに確実に上がっていって
 います。彼はレベル20になったらさっさと別の職業に転職することになっているのですが、
 これだけ能力の上がりかたが良いと、転職させるのがもったいないような気がしてならない
 今日この頃です。


2001年01月11日
◇ピラミッド の巻
 やってきましたピラミッド。
 ちょっと前(といってもずいぶん前だが)にFC版でやった時は、けっこう苦労した覚えが
 あったので、FC版の時よりも低いレベルの彼女らでは大変だろうなと思い試しに入って
 みることにしました。
 しかしSFC版では簡単でした。全然問題がなかったです。ひとくいばこをのぞいては(笑)。
 何だか敵の出現率が低かったような気がします。
 難易度下がったのかしら???


2001年01月10日
◇まんまるボタンは・・・ の巻
 イシス城へいきました。
 そこでピラミッド攻略の重要ヒント、子供達のわらべうたを聞いたのですが・・・。
 FC版と全然違うやんけっ!!
 やっぱりまんまるボタンは「おひさまボタン」ですよっ!! おひさまボタン。
 「ふしぎな」よりも「おひさま」の方が可愛いでしょ(笑)。
 その方がわらべうたっぽいではないですか。それによりいっそう、機械的で
 「情報」っぽくなってしまって、わらべうたさが半減・・・。
 ・・・そしてなによりも「語呂」が悪すぎ・・・・。テンポが悪い。
 なんで変えてしまったのでしょう???。


2001年01月08日
◇シャンパーニの塔 の巻
 シャンパーニの塔にやってきました。
 今回初めて、初期パーティーが標準パーティー構成(勇・戦・僧・魔)ではなく、魔法使いの
 かわりに盗賊をいれたのですが、盗賊が複数攻撃の出来る武器「鞭」が使えるので、多数の
 敵が出てきてもあまり支障がありませんでした。
 でも今回初めて魔法使いのありがたみを痛感しました。
 この塔のボスのカンダタ&カンダタ子分×3。
 ・・・全員1体づつに別れているんですよね・・・・(苦笑)。
 当然鞭はグループ攻撃が出来るものであって、全員攻撃が出来るわけではないので意味が
 なし。さらに子分はさまようよろい系グラフィックだものだから、守備力が高くて思うように
 攻撃があたらない。はぁ・・・・。「イオ」が使えないことの苦労さが初めて身にしみました。
 だいたいこの塔に来る頃にはイオを覚えている頃だものね・・・。
 イオは全体の攻撃魔法だから敵が別れていても全然関係ないし、魔法だから相手の守備力
 が高くても関係なくダメージを与えられる。
 本当にここのボスは苦労しました。カンダタ&カンダタ子分ってこんなに強かったのかって
 くらいに。魔法が使えないだけでこんなにも違うものなのか???


2001年01月04日
◇1番低いのは戦士 の巻
 なんだか私のパーティー、戦士が1番最大HPが低いのです。
 勇者・戦士・盗賊・僧侶のパーティーで。
 まあ、勇者「くろうにん」、盗賊「むっつりスケベ」、僧侶「セクシーギャル」な戦士以外は
 HPが上がりまくりな性格しているせいもあるんでしょうけれど。それにしても体力と力が
 勝負な戦士が1番低いとは・・・。姐さん力しか上がらないじゃない!?
 ちょっと困る・・・。


2001年01月01日
◇伝説の始まり の巻
 さてさて、ドラクエ1・2が終わったあとすぐにドラクエ3を始めました。
 わ〜い、うれしいよぅ。やりたくて仕方がなかったんだもの3は。
 デモ画面のオルテガさんの歩みを見て、SFCでもこんな事まで出来るようになったんだなあ
 ・・・と感心してみたり。でも最初に「ロトのテーマ」が聞けてしまうのが、ちょっといただけ
 ないですね。ここで鳴らしてしまったら思いっきり「ロト伝説」に関係しているって判ってしまう
 ではないですか。あれはEDでかかるからこそ感慨深いのです。・・・まあFCの時は容量の
 関係でああなったんだけどね・・・(笑) 結果良ければ、すべて良しなんだよ(笑)。
 さてさて、最初の性格判断テスト。あれは狙わず出た結果をそのまま受け入れようと思って
 いたのですが、一番最初になった性格はあまり良くなかったのでやめました。2回目にやった
 結果が「くろうにん」。後ろで見ていた妹が、私にぴったりな性格だって言ってくれました。
 (←悪かったね) まあ能力的にもそんなに悪くないし、その性格でいくことにしました。
 実際3の勇者って苦労人だよね、色々な意味で。不幸な人でもあるけれど。

 母親に連れられて王様に面会し、貰うもの貰って(笑)さっそくルイーダの店へ。
 もちろん新規で仲間を作ります。はぅ〜。キャラメイキングですぅ〜。これが楽しいのよね。
 WIZみたいで。・・・しかしどしょっぱつから思うようになってくれない(T−T)。
 女戦士の「おとこまさり」な性格な人を作ろうとしているのだけれど、それがなかなか出来ない。
 すぐに「らんぼうもの」とか「ごうけつ」とかになってしまう。そのへんの区別がなかなか難しくて
 シビアでした。でもなんとか出来ました。次は盗賊の男。女戦士よりは苦労しませんでした
 けれど、それなりに大変でした最後は僧侶の女。こいつはすぐに出来ました。
 仲間をつれていざ冒険の旅へ!
 はぅ・・・フィールド音楽格好いい 音楽といえば、町や城の音楽って昼と夜ではアレンジ
 の仕方が違いますよね。細かいところまで凝っているなと思ったみたり。
 最初の冒険はこんなものです。


2001年01月01日
◇な あなずりそ の巻
 ドラクエ1・2(SFC版)をクリアーして間髪を入れずに、ドラクエ3を始めました。
 新世紀はドラクエ3プレイを狙っていただけに、実現することが出来て良かった。

 しかし・・・
 正直言ってSFC版のドラクエ3がこんなに凄いとは思ってもみませんでした。
 どうせドラクエ1・2程度のものだろうと思っていたのに、レベルが全然違うのですよ。
 同じリメイク作品でも。音楽はよりオーケストラ版に近づいていますし、グラフィックは格段
 に違うし、システムもより便利に、プレイしやすくなっています。ドラクエ6よりもレベルが
 上ですね。色々な面で。・・・と思っていたら、よくよく考えてみたらこのドラクエ3って
 携帯ゲーム機のドラクエを除けば、ドラクエ7の1つ前の作品ですよね。どおりで凄い
 わけだ(笑)このソフトに付いていたアンケートはがきのアンケートの中にも「次回作
 ドラクエ7について云々・・・って書かれていましたし(爆)。そうか7の1つ前か・・・。
 まあそんなわけで、想像上以上のものを見ることが出来てかなり満足。ふつう「オリジナル」
 っていうものを抜くのは出来ないものだけれど、このSFC版なら、オリジナルFC版と比べても
 遜色はないと思う。もしかしたらそれ以上かも? イッキにお気に入りゲームに殿堂しそうな
 勢いです。

 それではゲームプレイ記の始まりです。



++ 戻る ++